給湯器の水漏れによる修理は業者に任せよう

水漏れによる給湯器 修理をしなければいけない時に、私たちが行うと被害が悪化してしまうことがあります。単なる水漏れだと判断をして対応しないようにしたいものです。必ず修理業者への相談が必要です。

■精密機器の故障

給湯器は発売当初と比較しても、精密機器として電子部分が精巧になっているので、修理の時も専門的な知識が必要となります。水漏れによるトラブルが電子機器にも及んでいるときは、ショートや発火の恐れがあります。経験のある業者に依頼をすることが、二次的被害を防ぐことにつながります。
給湯器は、精密機械が内蔵されていることを忘れないように対応したいものです。

■中身を確認しない

給湯器による水漏れの修理では、他の水のトラブルと異なり、水が漏れている場所を確認することが、危険な場合があります。電気との接触によるショートや被害が拡大してしまうリスクがあります。
通常、水が漏れているときには状況を確認して業者に連絡する必要がありますが、給湯器の場合には調子が悪いことを伝えれば、業者もそれ以上の状況確認をしなくても対応してくれます。水が漏れる場所によって対応が異なることも覚えておく必要があります。

■まとめ
給湯器の性能が向上していくことで、内部も複雑になっていき、精密機器の電子部品が増えていきます。快適に利用できる給湯器ですが、水漏れのトラブルのときの修理は業者に任せる必要があります。中を確認するだけでも、被害が拡大するリスクがあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ